たいちょーの雑記

ぼくが3日に一度くらい雑記をかくところ

雑記

夏になるな

汗かくだろ

英語むずすぎ

そういう文化圏の人と30分ほど話した。当然向こうはペラペラだけどこっちはそうも行かない。情けないけど
でも優しくわかってくれようとするし、わかってもらおうと喋ってくれるし、割とこっちも聞き取れたのがなんか嬉しかった。でも落ち着いて食えんので昼飯と同時に開催しなくてもいいと思う。

人間の名前

自己紹介されても人間の名前が覚えられない。覚えてもらいたいとは思っているので同じように覚えようとする必要はあるんだろうけど。記号として覚えようとしているのか、名が体を表していないとぱっと覚えられない。
例えば「太郎」という名前の人は「太郎」って感じの見た目じゃないと覚えられない。でも「太郎」って感じの見た目が一体どんなものかって言うと何も思いつかない。

それでもよく絡む人の名を覚えられるのは、自分の中で「太郎」はこういう見た目だと学習するからなんだとおもう。なので違う見た目で「太郎」だとまた覚えられない。無能

会話速度

人間の会話速度ははやすぎる気がする。物事を受け取ってから理解して言葉を発して相手に伝わるまでの時間の猶予が短すぎる。相手が聞いたことに対して文脈的に正しいことを言わなければならない。さらに言葉狩りが激しい今、十分に発言に気をつけなければいけないし、相手が嫌だと感じることはもちろん言いたくない。別に今の自分が日常会話の中で困ってるということはない。単に夜、布団で今日のことを思い出すと、ああ言えばよかったなとかを無限に考えてしまうだけ。明日はもっと良い日になるよね

終わり

思ったより書くことがある。